• 北畠整骨院 院長 魚谷

ぎっくり腰



こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!住吉区帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。 ある日突然痛みに襲われる、ぎっくり腰について解説したいと思います。ぎっくり腰の詳細な原因は、不明です。欧米では、激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。最近では、朝晩寒暖差が、大きく温度差が出るときにも、発生することが多い症状です。ストレスや筋疲労からも起こりえます。 レントゲンを撮って骨に異常がなく、症状が腰を曲げることができず、動きが緩慢でつらそうにしていると、ぎっくり腰と診断されます。 1~2週間程度で自然に回復する人もいれば、ずるずると何週間もかかったり、再びぎっくり腰になる方もいます。 ドクターには、仙腸関節の捻挫と診断される方もいらっしゃいますが、私としての経験上としては、よく分からないというのが本音です。仙腸関節は、解剖学では動かない、運動学では動くという、関節です。仙腸関節自体よく分からない関節です。ぎっくり腰の原因は、解明されてはいませんが、そうなのかもしれません。 治療する場合、ひどい腰痛もぎっくり腰も、腰神経叢が集まる筋肉に強い緊張がある場合が多いです。これを緩めると軽快することが多いです。 ぎっくり腰をすると、家で痛みがマシになるまで安静にしている方が多いですが、来院できるのなら、痛みがあった日に来ていただけると、早く治ります。 整形外科に行くと、筋肉注射かブロック注射か、鎮痛剤入りのシップをもらうことになります。早い回復を望むのなら、整形外科に行って注射を打ってもらうのが、回復は早いと思います。ただ、根本的には、非効率的な間違った日常動作の積み重ねがあります。 発症したぎっくり腰に関わる筋肉を的確に緩めるわけではないので、注意が必要です。 では、今日はこのあたりで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!