• 北畠整骨院 院長 魚谷

ふたが開けられない!



こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!北畠整骨院院長 魚谷です。 待合室で患者さんと話をしていて、「私ペットボトルのふたを開けられないの」という話を聞きました。そこで、簡単にペットボトルやビンのふた開けられる方法を教えたいと思います。 患者さんは「手の力がないから開かない」と言っていました。そう思っている人は、多いんじゃないでしょうか? 実は、ふたを開けるのに、主に働かせる筋肉は、手の筋肉ではありません。ただ多くの人は、手の指の力を強引に使ってふたを開けてるように思いますが。。。

ふたを開ける時に使う筋肉は、円回内筋という筋肉を働かせます。円回内筋は、肘の辺りに付着している筋肉です。円回内筋の作用は、前腕を回内させるものです。前腕を回す動作ですね。手を返すような動作です。 力がなくても、ふたを開けることができる開け方は、ふたをしっかり持ちます。その状態のまま手をまったく使わずに、自分の体の方向に物を近づけます。すると、前腕が自然と回内して、ふたを開ける動作となります。 ちなみに、患者さんもこの体に近づける動作をすることで、ペットボトルのふたを開けれるようになりました。私もそれから、硬いふたを開けるときには、手が滑らないようにしっかり持ち体に近づけるようにして、ふたを開けるようになりました。 すこし動作を変えるだけで、人間の体は効率的に働きます。健康になるのも、そういう動作の積み重ねだと思います。 》スポーツの上達の仕方 のブログはこちら では、今日はこのあたりで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!