• 北畠整骨院 院長 魚谷

クーラー病(冷房病)


こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!住吉区帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。


今年は本当に暑いですね。この暑さの期間は、平年より長くなりそうです。それに伴い部屋にクーラーをかける時間と日数も多くなりそうです。

クーラーの風を浴びていると、体がだるくなったり、のどが痛くなったり、食欲不振になったりすることがあります。


クーラーの冷房によって冷えすぎ、室内外の温度差に対応できなくなります。そうなると、自律神経のバランスが崩れさまざまな症状がでてきます。このような体の変調を総称して「クーラー病」と呼びます。


クーラー病の予防として、冷房の標準的な25°~28°が良いとされていますが、人それぞれ体感温度が違うので、寒いと感じない温度がいいでしょう。よく分からなかったら28°に設定しましょう。


冷房の風が直接体に当たると、体温が急速に奪われるので、風向きをコントロールして、吹き出す冷気に当たらないようにしましょう。


服装は、薄い手のもでいいので、長袖・長ズボンを身に着けるようにしましょう。

運動することによって、汗をかき自律神経のバランスを整えるようにしましょう。


今年の夏は非常に暑く、クーラーをかけないという選択肢は、非常に危険です。部屋の中でも、暑さまたは水分不足で倒れる可能性があります。冷房とうまく付き合っていきましょう。


では、今日はこの辺りで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!