• 北畠整骨院 院長 魚谷

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム


こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!住吉区帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。


しっかりと手指を洗うことで、菌やウイルスから予防に有効なことが証明されています。新型コロナの予防策として、あらためて消毒の方法が脚光を浴びています。新型コロナウイルスに有効な、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムとの違いについて書いていきます。



次亜塩素酸水

新型コロナウイルスへの殺菌効果が期待でき、人体にも影響が少ない次亜塩素酸水が、注目されています。次亜塩素酸水とは、食塩や塩酸を水に溶かして、電気分解したものです。家具や寝具、衣服などの消毒したい時に使用します。手や体に吹きかけても大丈夫です。



次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸水と名前がよく似ていますが、別物です。次亜塩酸ナトリウムとは、塩素系殺菌剤のひとつです。薄めてドアノブや机の上などを手を触れる場所を拭く時に有効です。ハイターなどを薄めても使用できます。ただ、拭き掃除に使える素材は限られています。金属は錆びたり、合成樹脂は変色する恐れがあります。手も荒れる可能性があります。


販売している次亜塩素酸水の中には、次亜塩素酸ナトリウムを調整したり、水で薄めたものが販売されているものもあるので、しっかりと内容文を読み注意して購入しましょう。


消毒効果や人体への影響もさまざまです。自分が望む用途に応じて正しく使いましょう。事故を起こさないように、消毒方法の対策をしましょう。


今のご時勢には、インターネットで簡単に購入できますが、まがい物もたくさん流通していますので、内容と買う品物を調べて買うように習慣づけましょう。


では、今日はこのあたりで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!