• 北畠整骨院 院長 魚谷

浮腫みについて



こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。

脚のむくみ(浮腫)を相談されることがよくあります。今日は右脚が良くむくんでるの、足裏がふわふわした感じがするなど言われることがあります。 脚のむくみの原因は、心臓から遠い位置にあって血液の流れが悪くなりやすいことと、重力の関係で水分がたまりやすいからです。 体の60~70%は水なので、回流の関係もあり、水は下に行きます。 脚のむくみは一般に、立ち仕事の人に多い症状ですが、実はデスクワークの人にもよくみられます。長時間、同じ姿勢でいるので、血流の循環が悪くなり、水分が滞るからです。 腎臓系に問題がある方も、脚がむくみます。 塩分を取り過ぎても、浸透圧の関係でむくみます。 脚のむくみを解消するには、脚を高く上げることです。 重力の関係と回流の関係で水は下に行くので、脚を上にあげることで、体に水を循環させます。また、脚を上にあげつつふくらはぎを冷やすことも良いです。お風呂でも、熱いお湯は上に行き、冷たい水は下に行くのと同じです。物理的に体に水が循環しやすくなります。

心臓に向かって優しくマッサージして流してもよいです。なでるだけでも効果あります。ふくらはぎにはポンプ作用があるので、心臓に血流が戻りやすくなります。

どうしても高齢者は、筋力が弱くなり、上に血液をあげる力が弱くなります。また、 むくみはいろいろな前駆的症状の場合もよくありますので、おかしいなと感じたら近くの病院に行きましょう。 では、今日はこのあたりで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!