• 北畠整骨院 院長 魚谷

熱中症と日射病と熱射病との違い


こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!住吉区帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。


暑い日がまだまだつづきそうです。ニュースでも、体温を越える暑さや熱中症で倒れた人が続出しています。熱中症には厳重な警戒が必要となっています。


熱中症とは、高温多湿の暑熱環境下で、体のその状況に関して適応できなことによって、生じる様々な症状の総称です。熱中症の範囲の中に、日射病、熱射病があります。


体に様々な症状が発症します。

めまりやほてり。筋肉痛や筋肉のけいれん。体のだるさや吐き気。汗のかきかたがおかしい(異常な発汗、または全く汗がでない)。体温が高い、皮膚の異常。呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない。水分補給できない。などなど。


日射病とは、外出していて炎天下で、直接日光を受け大量の発汗で脱水症状、または発汗による体温冷却が間に合わない状態になり、体がオーバーヒートして起こります。


熱射病は、外だけでなく家の中にいても発症します。大量の汗をかき、体内の塩分や水分が不足することで体温をコントロールする脳の体温調節機能に障害をきたし、意識障害発症した状態を熱射病と言います。


熱中症の予防としては、水分を補給する、体温上昇を防ぐために体を冷やすなどです。倒れる前に立ち止まり、涼しい場所に避難しましょう。


どうしても自覚症状が少なく、気が付けば、体が危険な状態に陥いっていることが多いので、体が元気であっても、休憩の数を多めにとって熱中症から自分の身を守りましょう。


では、今日はこの辺りで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!