• 北畠整骨院 院長 魚谷

細菌とウィルスの違いってなに?



こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!住吉区帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。 世間では新型コロナウィルスの話題ばかりで、早く収束してくれることをただただ願うばかりです。コロナウイルスといえば、当然ウイルスですが、ウイルスと細菌の違いって、分かりますか?そのあたりを明確にしていきましょう。 細菌とは、小さな生物です。 細菌は、目に見えないほどの大きさです。栄養分があれば、自分自身の複製分身を作って、増殖することができます。人の体に侵入して病気を起こす有害な細菌もいます。 反対に、人の生活に有用な細菌もいます(納豆菌など)。人の体には多くの種類の細菌が存在します。皮膚の表面や腸の中の環境を保っています。病気を起こすことがある細菌として、大腸菌、黄色ブドウ球菌、結核菌などが知られています。

ウィルスとは、他の細胞に入り込んで寄生するものです。微生物に分類されますが、生き物ではありません。細菌の50分の1の大きさで、とても小さく、自分の細胞は持ちません。細胞がないので、他の細胞に侵入し寄生します。そして増殖します。寄生しないと、自分では、増えることができません。 細菌を退治するための薬が、抗生剤・抗生物質です。 ウィルスには、大きさや仕組みが細菌と異なるため、抗生剤・抗生物質は効きません。抗ウィルス薬は、種類が少なく、薬で対応できるウィルスはかなり限定されています。症状を緩和する薬が処方されるだけで、ウィルスそのものを退治する薬はないです。 ウィルスに対応するには、現在非常に難しい状況にあります。しっかりと地道な予防するしか方法はありません。 では、今日はこの辺りで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!