• 北畠整骨院 院長 魚谷

脚のストレッチ 腰から下の筋肉量は60%以上


こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!住吉区帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。


脚のストレッチについて書いていきます。以前にもブログで書きましたが、どんなストレッチをしても構いません。それよりも、正しいフォームでストレッチしてください。


人間の筋肉量は、腰から下で60%~70%あるとされています。つまり、脚の筋肉をストレッチをすることで体がずいぶんと楽になります。


まず緩めたいのは、ハムストリングです。

坐骨結節に付着し、骨盤の角度にも関与しましす。歩行にも立位姿勢にも働きますので、必ず意識的にストレッチしましょう。座っての前屈で十分です。よく見られる、足先を掴むのに一生懸命になって、背中が曲がってしまい、どこをストレッチしているのか分からない状態になります。足先は掴まないでいいので、ハムストリングに軽い緊張が少しでも走れば十分です。


足首のストレッチ。

足首を回してください。それから足首を伸ばしたり屈んだりしてください。ただし、まっすぐ伸ばし、まっすぐ屈んでください。よく内反したまま動かしている場合が見受けられます。


前脛骨筋をストレッチしてください。

足の甲から脛の筋肉を緩めたいです。この前脛骨筋はつま先を持ち上げる筋肉です。足指を足と同方向に動かすように働くの重要です。膝と親指の方向を合わせたくても、前脛骨筋に緊張があれば、思うように膝と足関節のアライメントが整いません。良く座ってストレッチする場合が多いですが、立って前脛骨筋を伸ばす方が、足の親指や足関節、膝のとの関係が分かりやすいです。


以上、3つのストレッチを心がけてください。少しの時間でいいので、毎日するよう心掛けてくれればいいと思います。


では、今日はこの辺りで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!