• 北畠整骨院 院長 魚谷

自宅でもできる交互浴



こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!北畠整骨院院長 魚谷です。 最近はサウナが女性にも男性にも流行りです。私も、以前からサウナが好きでよく入ってました。そこでなんとくなく入浴してたのですが、サウナや入浴の効果的方法があります。自宅でも簡単にできる方法があります。 交互浴といいます。 サウナかお風呂に10分前後入ります。厳密な時間はありません。体調にもよりますので、無理はしないでください。 水風呂に入ります。1分前後入ります。2分越えると、血圧の急変が起こる可能性もあるので、お勧めしません。 それから、ゆっくり体が冷えない範囲で休憩しましょう。うまくいけばポカポカ良い気分です。このサイクルを3セットを目安に試してみましょう。無理は禁物です。 水風呂が苦手な方も、前腕だけ、膝ぐらいまで水風呂に浸かるだけでも効果的です。 交互浴は自律神経のバランスを整える以外にも、全身の血行を促進し、肩こりや冷え性の改善にも役立ちます。また、肌のキメが整うなど美容効果を感じられる人もいるようです。 自宅でも簡単にできます。 ふだん入るお風呂の温度より2度高くして適度な時間、数分入ります。次にシャワーを2~3分浴びます。ゆっくり休憩してもいいです。また入浴して、このセットを3回くらい繰り返してください。 冷たい水を浴びるのが苦手な方は、前腕だけ、ふくらはぎだけシャワーをかけてくれればよいです。 ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれ、血流にも大きな影響を与えています。「筋ポンプ作用」という働きがあります。 》足が疲れやすい原因 のブログはこちら 水は重力の影響を受け、高い所から低い所へ流れようとします。心臓から足へと向かうときは流れやすいですが、足から心臓に戻る静脈では流れにくくなります。血液が上りやすいよう筋ポンプ作用を利用しているというわけです。心臓の負担を少しでも減らすことにもなります。足ふくらはぎにシャワーをかけるだけでも十分効果あります。 では、今日はこのあたりで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!