• 北畠整骨院 院長 魚谷

冷え症


こんにちは!膝のお悩みならおまかせ!住吉区帝塚山の北畠整骨院院長 魚谷です。


だんだん暑くなり、気温が30度を越える日もでてきましたね。夜も寝苦しくなり、エアコンを入れている方も増えてきたのではないでしょうか。


冷え症は、寒い冬の話だけではなく、夏も冷房を入れるので一年中、足が冷えて困っている人もいます。夏でも足先が冷えて眠れず、夜靴下を履いているとおしゃる方もいます。


冷え症は、本来はたらくべき体温調整機能が上手く作用していない状態です。


まず、自律神経の乱れがあげられます。ストレスや不規則な生活、加齢により、体温調節をつかさどる自律神経がうまく機能しなくなります。体温を一定に保つため血液量の流れる量を調節できなくなります。


寒い時に体がブルブル震えるのは、脳の指令による体温調整機能です。筋肉を震えさせたり、血管の収縮を行うことで熱エネルギーを作り、体温を上げます。


足先や手先は、心臓から遠い部位に当たります。血液を全身に押し流しているのは、心臓です。ポンプのように血液を送り出してますが、心臓から遠くなればなるほど血液は行きわたりにくくなります。


また、人間の体は、重要な臓器が集まる体の中心部分を一定温度に保とうとしています。


冷え症を解消する対処方法としては、なかなか難しい問題です。体内をまず冷やさないため、冷たい飲み物を控えることです。中国人は、冷たいお茶は飲みません。

体を温める食べ物も有効です。生姜や暖色系の食べ物です。自分自身である程度実験して、自分に合うものを見つけましょう。


自分と全く同じ体は、この世界に存在しないので、自分に合った方法を見つける必要があるので、楽しみながら発見しましょう。


では、今日はこのあたりで。姿勢を変えてカラダを楽にしよう!